赤ちゃんへのアロマセラピー

2017/12/05
アロマセラピー

ご訪問ありがとうございます。

心に響くカウンセリングと、極上タッチングで貴女のココロとカラダを解放するアロマセラピスト。

武蔵小杉、新丸子 アロマセラピーエターナルのいとう妙子です。

 

今朝の川崎市は良く晴れて、お日様いっぱい・キラキラの一日です。

 

さて、ご近所さんから8カ月になるお孫さんのことでご相談を受けました。

娘さんご家族が近くに住んでいらっしゃるので、ちょくちょく来られるそうなのですが、

鼻づまりがひどくて呼吸が苦しそう。 生後半年を過ぎて、そろそろママからの免疫もなくなったから

風邪を引いたのかしら? 鼻水を吸い取った方がいいかしら? と娘さんがとても心配なさっているとのことで

 

「呼吸が楽になるアロマオイルで赤ちゃんにも使えるものはないかしら?」とのご相談でした。

 

私が所属するアロマ環境協会の規定では、精油を塗布するのは3歳からなので、0歳児にはおすすめできませんが、

お部屋に優しく香らす程度の芳香浴なら大丈夫かな~音譜 ということで

 

殺菌効果や抗ウイルス作用が強めで、馴染みの良い香りの、ティートリー、ベルガモット、レモン、ラベンダーなどを

ご提案させていただきました。 

ただ、嗅覚が敏感な赤ちゃんにとって、長時間、香りを噴霧することはとてもストレスになるので、ディフューザーを使うとしても

長くて30分くらい? いや、そんなに必要ないかな? ってくらい、フワッと香らす程度で充分だと思います。

(あくまでも私、個人的見解です)

 

それよりも、何よりも、赤ちゃんの免疫アップに一番なのは、ママが安心してゆったり気分でいることですラブラブ

 

0歳のベビちゃんは、まだまだ魂レベルでママと一心同体なので、ママのメンタルがそのまま影響します。

 

常に心配事やネガティブな想定で頭も心もいっぱいになると、そのまま赤ちゃんに現実となって現れます。

なので、この時期は赤ちゃんの様子を見ながら、ママのメンタリティにも気を配ることがとても大切。

 

子育てはマニュアル通りにいかないことだらけで、不安ばかりが募って当然ですが、不安を不安のままにしておくと

どんどん悪いことばかり考えるようになってしまい、ママの心が蝕まれて、カラダにも影響するようになってしまいます。

 

不安を払しょくする手助けになるのは、正しい知識と信じる心。

信じるためには納得できる理論が必要です。そのために、専門家に相談することも有効でしょう。

身近にいらっしゃるご家族ももちろん心強いサポーターですが、第3者的立場の人の言葉の方が抵抗なく入ってくることもあるので、

ご協力できることがあったら、いつでもご相談していただきたいな~ウインク って思います。

 

子育て中のママが、お子様へのご心配を募らせている場合は、赤ちゃんのケアの前にご自身のケアをお勧めします。

ママが心身共に健やかに、心穏やかに、安心して過ごすことが、赤ちゃんの健康に一番大切なお薬ですラブラブ

 

一人で悩まず、いつでもご相談くださいね。

ホームページのお問い合わせフォームからお待ちしております。

*************************************

サロンのショップカードがアプリになりました。ダウンロードしていただき、ご登録いただくと5ポイントをプレゼントいたしますheart

ご来店ごとにポイントがたまり、素敵なプレゼントを準備しています。ぜひ、お試しくださいませ。アプリはこちらのURLから入手可能です。どうぞよろしくお願いします。

http://s.aromaeternal.com/oiELXq