膀胱炎にご用心!

2017/12/06
ボホール島

ご訪問ありがとうございます。

心に響くカウンセリングと、極上タッチングで貴女の心と身体を解放するアロマセラピスト。

アロマセラピー エターナルの妙子です。

こちらの写真は、先日のセブ島留学の後、ボホール島でバギーに挑戦した時のものです爆笑

ノリノリでチャレンジしたのに、あまりにものデコボコ、泥んこ道で、途中でギブアップアセアセ

帰りはカートに乗せてもらいました笑い泣き

 

そんな楽しい1日を過ごし、2時間フェリーに乗ってセブ島に戻り、ビーチ沿いのホテルに泊まって帰国したのですが、その2日後に身体に異変が起こりました!

朝、トイレで用を足した時、ジリジリした痛みが走り、残尿感が残りました。

あれ?

これが噂の「残尿感?  膀胱炎になっちゃった⁈」

この時点では、事の重大さには気づいていなくて、その日の予定をこなし、午後から外出しました。

 

そして外出先でトイレに行くと、痛みが増している!

で、流す前に便器を見たら真っ赤に染まっていたのですガーン

あまりにもの衝撃で倒れそうになりながら、病院に行かなきゃ!

って焦りました。

すると、偶然にも外出先の目の前にクリニックがあり、すぐに駆け込み検査を受けました。

看護師さんに「ひどい血尿ですが、どうされましたか?」と尋ねられ

「2日前にフィリピンから帰ってきて、現地で衛生状態がかなり悪いトイレを使用しました。尿路感染症でしょうか?えーん」って、頭の中は悪い妄想でいっぱい!

結果的には単なる急性膀胱炎で、抗生剤を服用してすぐに治りましたてへぺろ

ほんと、人騒がせな私でしたアセアセ

 

でもね、セラピスト的にはとても良い経験でした。私は52年生きてきて初めての膀胱炎だったのですが、女性はかかりやすい症状の1つ。理屈ではわかっていたけれど、経験して辛さがよくわかりましたし、発症するまでの行動を振り返ると、かかる原因もよくわかります。

今回の私のケースを紐解くと…

1今年は公私ともに激動の一年で、知らない間に心身の疲労が蓄積していた。

2ボホール島からセブ島までのフェリーで、冷房が効きすぎて冷蔵庫に2時間閉じ込められ状態だった。とにかく身体が冷えた!

3帰国の前日、お腹を壊して一日中何も食べずに寝込んでいたため、栄養が足りてなかった。

 

これらの要素が合わさって、免疫力が急激に下がり、膀胱炎を発症したのです。

要するに、身体を温めてゆっくり休みなさい!というカラダからのメッセージラブラブ

気力では若いつもりでも、肉体は嘘をつけませんね〜ガーン

症状はあっという間に、すっかり治りましたが、あれからなるべく早めに就寝するように心がけています。

1日でも長く、お仕事ができるよう、自分メンテナンスも大切なこと。

 

年末に向けて、慌ただしくなりますが、女性の皆様は、お身体を冷やさず、トイレを我慢せず、何よりご自分をいたわってお過ごしくださいね。

一年頑張ったご自身へのクリスマスプレゼントに、エターナルの極上トリートメントはいかがですか?ウインク

今日も穏やかで、健やかな一日を過ごしましょうheart