17日の家族の絆・修復セラピーで「家系図ワーク」

2018/01/10
家系図

ご訪問ありがとうございます。

心に響くカウンセリングと、極上タッチングで貴女のココロとカラダを解放し、

 

本来の美しさへ導くアロマセラピスト。

アロマセラピーエターナルのいとう妙子です。

 

先日、家族の絆・修復セラピーを共同開催する占い師の京華さんと打ち合わせしました。

 

子供の問題には、自分と親の関係、親の問題には、その親と親の関係が投影されていることを

 

分かりやすく説明するために閃いたのが「家系図ワーク」です。

 

誰でも例外なく、一組の男女・・・いわゆる両親あっての結果の存在です。

 

その両親もしかり。 こう考えると、一人の人間にはどれだけ多くの人の血とDNAが関与しているでしょうか?

 

そして、私一人がこの世に生まれるまでに、どれだけ多くの人生が営まれてきたことでしょうか?

 

家系図ワークとは、家族関係を視覚化することで、親兄弟や祖父母、ご先祖様を認識するワークです。

 

名前はわからなくても、本名で記載しなくても、自分だけにわかる内容でいいのです。

 

書くほどに記憶がよみがえってくるかもしれません。

 

きっと、家族に対して今までと違った認識が生まれてくるでしょう。

 

そして、親子関係に起こりうる、愛情の誤作動を知り、誤作動を起こさない方法を説明いたします。

 

どんな小さな子供にも、一人前の感情があります。魂があります。

 

些細な一言が、その子の人生にずっと突き刺さったままの小骨になり、影響を与えるとしたら、

その小骨は早いうちに取り去った方がいいですよね。

 

その前に、小骨が刺さるような一言を言わない方がいい。

 

親子の愛情が、お互いにとってプラスに作用するような、良い関係を築けたら

人生も、人間関係もより良いものになります。

 

また、親を好きになれずに苦しんでいる方も、見方がかわれば、好きになれなくても理解してあげよう!

という気持ちになれるかもしれません。

親の立場でも子供の立場でも、女性であればどなたでもご参加いただけます。ご興味のある方はぜひこちらをご覧くださいね。

親子の絆・修復セラピーのお知らせ