あたしおかあさんだから・・・について親子談義

2018/02/08
母子

ご訪問ありがとうございます。

 

心に響くカウンセリングと、極上タッチングで貴女の心と身体を解放し、本来の美しさに導くアロマセラピスト。

 

アロマセラピー エターナルのいとう妙子です。

 

ある日、娘たちが血相を変えて

 

「ねえ、ママ知ってる?

 

今、この歌の歌詞がヤバくてツイッターで炎上してるんだよ〜!」

 

と、【あたしおかあさんだから】の歌詞を読み上げてくれました。

 

ざっくりまとめると、独身時代はハイヒールを履いてネイルをキレイにしてバリバリ働いていたけど、今は全て諦めて子供を優先にしている。あたし おかあさんだから。

 

という内容です。

 

この歌詞を読み上げながら、娘は

 

「こんな想いで育ててくれなくていいから!  って思うよ」

 

と言いました。

 

確かに、

 

あたし おかあさんだから…

 

を連呼されると、恩着せがましく聴こえるかもしれませんね。

 

私個人的にも、ちょっと表現が重いかな?

 

と感じました。

 

が、今は娘たちはどちらも社会人になり、私は自由奔放に好きな事ができるようになりましたが、彼女たちが赤ちゃんだった頃、2つ違いの娘たちを抱えて、

 

何もできない

 

どこも行けない

 

私の人生、子育て優先!えーん

 

って、我慢して頑張っていました。

 

なぜなら、私はおかあさんだから。

 

そして、娘たちを愛しているからラブラブ

 

娘たちに幸せでいて欲しいから。

 

娘たちに寂しい思いをさせたくないから。

 

 

ある時点では、やはり自分よりも子供を優先せざるを得ない時はあると思います。

 

それを一言で言えば、犠牲的な愛…ってことになるのでしょうか?

 

赤ちゃんの時は、ほとんど眠らずに2時間おきに授乳して、オムツを替えて、

 

日中も家事や仕事に追われて休む時間もなくて、

 

でも、おかあさんだから誰からも褒められずに、お金ももらえずに、毎日毎日繰り返す…。

 

これが現実です。

 

…が、しかし、おかあさんにとって、赤ちゃんの笑顔、可愛い寝顔が何よりのご褒美ラブ

 

そしてね、赤ちゃんの匂いラブラブ

 

幼児の匂いラブラブ

 

この匂いをかぐと、脳が反応して愛情ホルモンが出るように、女性はつくられています。

 

授乳中のママは、赤ちゃんの匂いでジワーっと母乳が滲んできます。

 

素晴らしいシステムですよね。

 

 

なので、「おかあさんだから」今はできない事があっても、「おかあさんだからこそ」経験できる素晴らしい事がたくさんあると、この歌を聴いて想像していただけたら、おかあさんになる事が楽しみになるのではないでしょうか?

 

とは言え、我慢ばかりせずに、周囲の人々を巻き込んで、皆んなで子育てすれば良いと思います。

 

 

 

「こんな想いで育ててくれなくていいから!」と言い放った娘も、きっと自分がおかあさんになった時、気づくのでしょう照れ

 

 

今となっては、こんな悠長な事を語っている私ですが、昔はとんでもない母親でした笑い泣き

 

親も子供とともに育つのです。

 

私を母親にしてくれている娘たちに感謝ですね。

 

 

 

ハート家族の絆・修復セラピー(親子編)

参加者募集中です。

詳しくはこちらをご覧ください